AGA以外の原因

薄毛になった場合、原因の90%以上はAGAです。
しかし、抜け毛の原因がAGA以外のこともあります。
頭皮の環境が悪い場合や、ストレスを抱えている場合、脱毛症が発症することがあります。
また、タバコやアルコールの過剰な摂取や、生活習慣が乱れている場合も脱毛症を発症していくこということがあります。
その場合は、治療法や対処方法が異なります。かゆみがある場合は、粃糠性脱毛症や脂漏性脱毛症と呼ばれる症状のことがあります。
頭皮のフケや皮脂が異常発生することが原因で、雑菌を繁殖させることで強いかゆみや炎症が起きていきます。
嗜好品の摂取を避け、栄養バランスのとれた食事を心がけていくことが大切です。
また、スカルプシャンプーを利用する等、頭皮の環境を改善させるような商品を利用することも大切です。洗う際には、指の腹で優しくマッサージするように洗っていくことも重要なポイントです。

薄毛や抜け毛の場合、AGAなのか、AGA以外の原因があるのかは、素人で判断することがとても難しいです。
素人判断で、治療を試みたものの、対象法が間違っていた場合は薄毛がより進行してしまうという危険もあります。
薄毛の原因がAGAのものなのか、ほかに原因があるのか知ることはとても大切です。
専門の病院で原因を特定してもらい、改善に向けて治療を受けることが症状の改善に最も力を発揮します。医師から治療を受けるにはどのようなやり方があるのか知ってから行ない、日頃の生活で気をつけたほうがいいアドバイス等を知っておくことで症状を一気に改善させることができます。