AGAの原因を知る

AGAとは、日本語では男性型脱毛症と訳されます。
思春期以降に、男性ホルモン影響よって頭頂部や前頭部の抜け毛や薄毛が生じるものです。
20代の若い男性でも発症することが多く、薄くなって来る部所やどの程度で進行していくか等人によって様々です。
ヘアサイクルが減退する理由として、テストステロンとい男性ホルモンがDHTというホルモンに変化し、毛母細胞の細胞分裂を阻害するという働きがあります。
毛母細胞への血流が阻害されて栄養が行き渡らないことが多くなるので、それまで健康な髪の毛だったとしても、髪の毛の寿命が急速に短くなり抜け毛につながります。
AGA治療は、毛母細胞への血流を促進させて発毛を活性化させるという働きがあります。
また、DHTを発生させないように、分泌を抑制する働きや、毛母細胞の発毛に栄養分の補給を行い、発毛促進を行なうということをメインに取り組んでいきます。

AGAの原因は、主に男性ホルモンが原因ですが、ほかにもストレス等が影響していることもあります。
また、進行が早い人や遅い人等それぞれ人によって進行スピードも異なるので、どのような治療法が有効なのかは人それぞれです。
AGAは現在、病院で直すことが出来るようになってきています。
早めに治療を行なうことで、進行を食い止め、発毛を促進させることができます。抜け毛が多いということや、生え際の後退や頭頂部が薄くなってきたと感じた場合は、早めに病院に行って治療を受けることがとても大切です。